これであなたも競馬通! これであなたも競馬通! 著:柏木集保

上がり三ハロン時計の本当の中身とは。
本を手にした私の心にガツンと衝撃が走った。だが著者名を見て納得。
やけに競馬に詳しい奴が仲間にいる ― あの日刊競馬・柏木集保が、
競馬界の趨勢から予想テクニックまで思うところを書き下ろした珠玉の一冊。
読めば、競馬はもっと面白くなる。

2008年01月03日

エディンバラDEサプライズ

⇒グレートブリテン島縦断旅行 vol.3

8/23(Thu)のタイムスケジュール
 *** フライングスコッツマンが行くの続き ***
 15:30 宿発
   〜エディンバラ市内散策〜
   〜エディンバラ城入場〜
   〜カールトンヒル〜
 *** ミリタリータトゥーDEカーニバルへ続く ***


聖メアリー大聖堂
uk070823_26_ixy240h.jpg
ホテルからエディンバラ市街地に向かう途中にあった教会。

スターバックス エディンバラ郊外店
uk070823_27_ixy240hv.jpg
古き良き街並みの景観を害さないようにとスタバの店の看板も外には出せず窓辺にひっそりと浮かんでいる。

プリンシーズストリート
uk070823_28_ixy240h.jpg
ロンドンと比べて建物の色合いが濃く中世ムードが満点なのがグーっ!

エディンバラ城からの景色その1
uk070823_29_eos480s.jpg
路地をグルグル巡りめぐってエディンバラ城に入場。前日とは違って好天に恵まれたためじんわりと汗も。

エディンバラ城からの景色その2
uk070823_30_eos480s.jpg
エディンバラの東側、はるかカールトンヒルを望む。この後あの丘に登って一大イベントが。でもまあそれはまた別のお話。

エディンバラ城からの景色その3
uk070823_31_eos480s.jpg
こちらは西側。高台にいることが丸わかり。

エディンバラ城内部その1
uk070823_32_ixy240h.jpg

エディンバラ城内部その2
uk070823_33_eos240h.jpg

エディンバラ城駐車場
uk070823_34_eos240h.jpg
仮設スタンドは8月のこの時期3週間だけ行われるエディンバラ最大のイベント・ミリタリータトゥー用のもの。夜に参戦する。

エディンバラ城正門
uk070823_35_eos240h.jpg
逆光がツラい・・・。

ロイヤルマイル
uk070823_36_eos240h.jpg
エディンバラ城の入り口からホリルード宮殿までまっすぐに延びるストリート。パブやキルトのショップが軒を連ねている。

カールトンヒル入り口
uk070823_37_eos240h.jpg
これから丘を登りやす。

カールトンヒルからの景色その1
uk070823_38_eos480s.jpg
エディンバラ随一の景色と言われるカールトンヒルからの眺め。

パルテノン?
uk070823_39_eos240h.jpg
建設中に予算が底をついてしまいそのまま何百年も放置されているギリシア風建築物。

カールトンヒルからの景色その2
uk070823_40_eos240h.jpg

カールトンヒルからの景色その3
uk070823_41_eos480s.jpg
この景色を一生忘れられないようにしてやんよ。まあ機会があったらネタ書こっと。

ニュータウンの麓
uk070823_42_eos480sv.jpg

ウエストプリンシーズストリートガーデン
uk070823_43_ixy480s.jpg

この後腹ごしらえができないまま夜のミリタリータトゥーへ。
posted by バイ男 at 14:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅・グルメ・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 志望動機 at 2012年10月19日 06:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。