これであなたも競馬通! これであなたも競馬通! 著:柏木集保

上がり三ハロン時計の本当の中身とは。
本を手にした私の心にガツンと衝撃が走った。だが著者名を見て納得。
やけに競馬に詳しい奴が仲間にいる ― あの日刊競馬・柏木集保が、
競馬界の趨勢から予想テクニックまで思うところを書き下ろした珠玉の一冊。
読めば、競馬はもっと面白くなる。

2008年01月31日

ファンタスティックイレブン

⇒グレートブリテン島縦断旅行 vol.7

8/25(Sat)のタイムスケジュール
 *** ロンドン凱旋の続き ***
 15:00 キックオフ
  〜アーセナル vs マンチェスター・シティ〜
 17:00 ゲームセット
 17:30 アーセナル駅発
 18:00 ピカデリーサーカス駅着
  〜油ギッシュサパー〜
 20:00 ヴィクトリア駅着
 20:30 ヴィクトリア駅発
  〜一路南へ〜
 21:30 ブライトン駅着
 22:00 宿着
  〜ブライトン夜間散策〜


エミレーツスタジアム入場
uk070825_14_eos240h.jpg
オセロができそうなくらいに美しく刈り込まれたピッチ。

ウイングアッパーシート
uk070825_15_eos240h.jpg
今回は初めて2階席に陣取ることに。意外なことに選手を間近に観れる1階席の前方よりも2階席の方が座席料金が高い。通なフットボーラーにとってはピッチ全体が見渡せることの方が価値があるということの表れ。

アップ開始
uk070825_16_ixy240h.jpg

アンセム
uk070825_17_ixy480s.jpg
両軍選手が整列しプレミアリーグのテーマ曲が流れる。

スタメン
uk070825_18_ixy240h.jpg
ギャラスの代わりにジウベルトが最終ラインに入った以外はベストメンバー。それにしても今シーズンのジウベルトの低調さはどうにかならんもんか・・・

セスクのフリーキック
uk070825_19_ixy480s.jpg

ロビンのコーナーキック
uk070825_20_ixy480s.jpg
アデバヨールとシュマイケルJrの競り合い。得点ならず。

ロビンのペナルティキック
uk070825_21_ixy480s.jpg
スコアレスのまま試合は後半に。原因は忘れたがPKをゲット。蹴るのはロビン・ファン・ペルシー。

アペっ!
uk070825_22_ixy480s.jpg
なんと外すとは・・・

キター!!
uk070825_23_ixy240h.jpg
気分一新。試合も終盤に差し掛かったところでセスクが値千金のゴールを奪取。右サイドでボールを受けたフレブの流しに反応して見事に決めた。

GOAL!GOAL!GOAL!
uk070825_24_ixy240h.jpg

勝利!
uk070825_25_ixy240h.jpg
今季の好調の要因のひとつはチームワークの良さ。試合後にセンターアークで組む円陣にもそれが感じられる。

ARSENAL 1-0 MANCHESTER CITY
uk070825_26_ixy240h.jpg
このゲームがプレミアの今季3戦目。この試合から連勝街道を突っ走っていくことになる。

ピカデリーサーカス
uk070825_27_ixy240h.jpg
試合後の喧騒を抜け出しアーセナル駅からピカデリーサーカスへ。ロンドンに来たら一度はここに寄らないと。

スコッチステーキハウス
uk070825_28_ixy240h.jpg
今夜のご飯はここに決定。メニューはグリル中心かと思い適当にチョイスしたらなんと揚げものが。そんなに食えんて。って写真撮り忘れたし。

サザンレールウェイ
uk070825_29_ixy240h.jpg
舞台は目まぐるしく動いていく。ほろ酔い気分もそこそこにヴィクトリア駅に戻り預けたトランクを受け取って次はサザンレールウェイという文字通りロンドンとイギリス南部を繋ぐ列車に乗り一路ブライトンへ。

B&B
uk070825_31_ixy240hv.jpg
駅からタクシーに乗り換え宿に着いたのは22時過ぎ。エミレーツスタジアムを発つ際に携帯から宿に電話をして予約をキャンセルしないようお願い。「21時を過ぎると宿の入り口のドアがロックされるからこの暗証番号を押せ」とその時に言われるもその英語を理解するのに5分以上掛かり。そない怒らんといてや、兄やん。

ダブル
uk070825_30_ixy240h.jpg
さすがにン万のホテルに比べたら質素な造りは否めない。だがこの無機質な空気感がまた外国の宿の醍醐味とも言えるかな。

ブライトンビーチ
uk070825_32_ixy480s.jpg
一服した後に浜辺を散歩。宿から1分足らずでもう海に出る。前日ネッシーついでに通ったスコットランド北部の街・インヴァネスから一気に800km南下しブリテン島の縦断に成功。

海と満月
uk070825_33_ixy480s.jpg
満月の光と同じくらい、いや、それ以上に輝いているのはブライトンピアー。それが何であるかは明日判明。

明日はブライトン観光と世界一美しい競馬場に訪れます。


posted by バイ男 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・グルメ・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。